教えて吉野さん! 物件購入を検討するとき、ファイナンシャルプランナーに相談したほうがよい理由を聞いてみた

Webメディア「深川くらし」を運営するリフォーム不動産には、新築・中古物件のご購入について相談される方が多くいらっしゃいます。この記事を書いている私、鳩も、リフォーム不動産で相談を重ね、物件を購入したひとりです。

今だから言えるのですが、相談について、ひとつだけ後悔があります。はじめて訪問したあと、すぐに内見のフェーズへ移ってしまったのですが、先にファイナンシャルプランナーの個別相談に参加するべきだった…と。

当時は予算さえ決まっていれば、問題ないと考えていたのですが、実際に暮らし始めると、あれこれ気になることが出てきました。「子育てしながらローンの支払いを続けるのって大変!」「今のローンの支払いって、収入に見合ったペースなのかな?」こういうモヤモヤは、第三者の意見を聞いていれば、スッキリしていたかも、と思うのです。

リフォーム不動産で物件を購入されるお客さまの約8割が参加するという、ファイナンシャルプランナーの個別相談(以下、FP相談)。物件購入において避けては通れない「お金の話」ですが、FPの方とお話すると、ずばり、どんなメリットがあるのでしょう。

リフォーム不動産の専属FP・吉野 錦さんに、お話を伺いました。

FPの吉野さん。第一印象は、とにかく爽やか! (撮影場所:リフォーム不動産深川studio)

 

ファイナンシャルプランナーは、どんなお仕事?

 

–– これまでに物件購入されたお客さま数名にインタビューをしているのですが、どこで話を聞いても、吉野さんのお名前が挙がります。みなさん口を揃えて「吉野さんだから信頼できる!」とおっしゃっていました。

ありがとうございます! そうおっしゃっていただけるのは、仕事冥利につきます。

 

–– そもそもファイナンシャルプランナーって、どんなお仕事なのでしょうか?

一般的には「お金の専門家」といわれますが、ちょっとわかりづらいので「人生におけるカーナビのような存在です」とお答えしています。

例えば、現在地から車で遠く離れた目的地を目指すとき。いくつルートがあるか、どのルートを選ぶべきか、どんなハプニングやリスクが待ち構えているのか、予算は足りるのか。そうした不安要素を整理して、最適なプランをご提案し、お客さまを目的地までご案内するのがFPの役割です。

––  ふむふむ。なんとなくイメージがつきました。「人生」といっても、具体的にはどんな分野で私たちを案内してくれるのでしょうか。

FPには大きく6つの専門知識があって、その中でも私は、ライフプランニングや保険、不動産を得意としています。もちろん、それ以外のご相談も大歓迎です。

–– ん?? ということは、不動産以外のことも相談できるんですか!

もちろん! 生涯の不安に関することなら、何でもご相談いただけます。結婚や出産、転職についてのご相談も多いですよ。一度不動産のご相談をいただいた方から、後々、お子さんの進学にともなう資金について、ご相談をいただいたこともあります。ライフプランは変化するのがあたりまえなので、最初のご相談から内容が変わってしまっても大丈夫です。

 

–– なんと頼もしい! 吉野さんは、現在代理店に所属されていると伺いました。フリーランスに近い働き方と思いますが、これまでは、どんなお仕事をされてきたのでしょう。

もともとは、大手不動産会社にFPとして勤めていました。証券会社の内定もありましたが、お客さまの人生における大きな買い物をまかせていただけられるのは夢がある、という先輩の言葉が胸に響いて、不動産業界を選びました。

その後は、より長くお客さまとお付き合いをしたくて、大手生命保険会社へ転職。不動産に比べると、保険は人生のトータルプランニングに関わるので、同じようなタイプのご相談でも、提案の幅がぐっと広がりましたね。

それからは、お客さまにとってより最適なプランをお届けしたい思いから、自社商材に縛られずご提案できる代理店の所属に至ります。現在は、30以上の保険商材を扱っているのですが、その分の研修を受けなくちゃならないのが、もう大変でした(笑)。

–– 吉野さんは、FPとしてのご経験も豊富な上に、プライベートでは2児の父! 20代にして既に2回も住宅購入を経験されていると伺いました。

実は今、3回目の購入検討中です(笑)。「FPだから自分の人生もやっぱり計画どおりなのか?」と尋ねられますが、未来予知ができるわけではないので、もちろん予想外のこともたくさんあります。ただ、ハプニングに遭遇したときの判断に迷わないよう、現在地と目的地と、そこに向かうまでの最適なルート、そうしたポイントは抑えているつもりです。

 …

続きを読む

教えて吉野さん! 物件購入を検討するとき、ファイナンシャルプランナーに相談したほうがよい理由を聞いてみた

Webメディア「深川くらし」を運営するリフォーム不動産には、新築・中古物件のご購入について相談される方が多くいらっしゃいます。この記事を書いている私、鳩も、リフォーム不動産で相談を重ね、物件を購入したひとりです。

今だから言えるのですが、相談について、ひとつだけ後悔があります。はじめて訪問したあと、すぐに内見のフェーズへ移ってしまったのですが、先にファイナンシャルプランナーの個別相談に参加するべきだった…と。

当時は予算さえ決まっていれば、問題ないと考えていたのですが、実際に暮らし始めると、あれこれ気になることが出てきました。「子育てしながらローンの支払いを続けるのって大変!」「今のローンの支払いって、収入に見合ったペースなのかな?」こういうモヤモヤは、第三者の意見を聞いていれば、スッキリしていたかも、と思うのです。

リフォーム不動産で物件を購入されるお客さまの約8割が参加するという、ファイナンシャルプランナーの個別相談(以下、FP相談)。物件購入において避けては通れない「お金の話」ですが、FPの方とお話すると、ずばり、どんなメリットがあるのでしょう。

リフォーム不動産の専属FP・吉野 錦さんに、お話を伺いました。

FPの吉野さん。第一印象は、とにかく爽やか! (撮影場所:リフォーム不動産深川studio)

 

ファイナンシャルプランナーは、どんなお仕事?

 

–– これまでに物件購入されたお客さま数名にインタビューをしているのですが、どこで話を聞いても、吉野さんのお名前が挙がります。みなさん口を揃えて「吉野さんだから信頼できる!」とおっしゃっていました。

ありがとうございます! そうおっしゃっていただけるのは、仕事冥利につきます。

 

–– そもそもファイナンシャルプランナーって、どんなお仕事なのでしょうか?

一般的には「お金の専門家」といわれますが、ちょっとわかりづらいので「人生におけるカーナビのような存在です」とお答えしています。

例えば、現在地から車で遠く離れた目的地を目指すとき。いくつルートがあるか、どのルートを選ぶべきか、どんなハプニングやリスクが待ち構えているのか、予算は足りるのか。そうした不安要素を整理して、最適なプランをご提案し、お客さまを目的地までご案内するのがFPの役割です。

––  ふむふむ。なんとなくイメージがつきました。「人生」といっても、具体的にはどんな分野で私たちを案内してくれるのでしょうか。

FPには大きく6つの専門知識があって、その中でも私は、ライフプランニングや保険、不動産を得意としています。もちろん、それ以外のご相談も大歓迎です。

–– ん?? ということは、不動産以外のことも相談できるんですか!

もちろん! 生涯の不安に関することなら、何でもご相談いただけます。結婚や出産、転職についてのご相談も多いですよ。一度不動産のご相談をいただいた方から、後々、お子さんの進学にともなう資金について、ご相談をいただいたこともあります。ライフプランは変化するのがあたりまえなので、最初のご相談から内容が変わってしまっても大丈夫です。

 

–– なんと頼もしい! 吉野さんは、現在代理店に所属されていると伺いました。フリーランスに近い働き方と思いますが、これまでは、どんなお仕事をされてきたのでしょう。

もともとは、大手不動産会社にFPとして勤めていました。証券会社の内定もありましたが、お客さまの人生における大きな買い物をまかせていただけられるのは夢がある、という先輩の言葉が胸に響いて、不動産業界を選びました。

その後は、より長くお客さまとお付き合いをしたくて、大手生命保険会社へ転職。不動産に比べると、保険は人生のトータルプランニングに関わるので、同じようなタイプのご相談でも、提案の幅がぐっと広がりましたね。

それからは、お客さまにとってより最適なプランをお届けしたい思いから、自社商材に縛られずご提案できる代理店の所属に至ります。現在は、30以上の保険商材を扱っているのですが、その分の研修を受けなくちゃならないのが、もう大変でした(笑)。

–– 吉野さんは、FPとしてのご経験も豊富な上に、プライベートでは2児の父! 20代にして既に2回も住宅購入を経験されていると伺いました。

実は今、3回目の購入検討中です(笑)。「FPだから自分の人生もやっぱり計画どおりなのか?」と尋ねられますが、未来予知ができるわけではないので、もちろん予想外のこともたくさんあります。ただ、ハプニングに遭遇したときの判断に迷わないよう、現在地と目的地と、そこに向かうまでの最適なルート、そうしたポイントは抑えているつもりです。

 …

続きを読む

3年ぶりに開催!!【江東区民まつり中央まつり2022】10/15(土)16(日)開催(木場公園)

3年ぶりに都立木場公園で二日間開催される江東区が誇る大規模イベント

【どなたでも入場は無料です♪】
2019年まで毎年10月に都立木場公園で行われ、二日間で40万人以上が訪れる江東区最大級のイベントです。
子どもたちからお年寄りまで誰もが楽しめるイベントが盛りだくさん♪

オープニングは毎回約1000人が参加するマーチングパレード。
その他にも、フリーマーケットや全国のご当地グルメや特産品の販売もあります。
そして、イベント池で披露される「木場の角乗り」も目玉イベントのひとつ。
こんな楽しいイベントなら行くしかない!!

〔留意事項〕
①国や東京都の新型コロナウイルス感染症対策等に基づいた対応をしてまいります。
②今後の新型コロナウイルス感染症の感染状況により規模の縮小、または中止もありえますので予めご了承ください。

◇ 日 時:2022年10月15日(土) 16日(日)10:00~16:00

◇ 場 所:都立木場公園ほか
東京都江東区木場四・五丁目、平野四丁目

◇ アクセス
東京メトロ東西線「木場」(T13)下車 徒歩5分
東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄大江戸線「清澄白河」(E14)下車 徒歩15分
地下鉄新宿線「菊川」(S12)下車 徒歩15分
都バス とうきょうスカイツリー駅・深川車庫(業10)、錦糸町駅(東20)「木場四丁目」又は「東京都現代美術館前」下車
※開催中は無料巡回バスを運行する予定です。

◇ イベント内容など詳細についてはこちらから
江東区ホームページ
江東区民まつり中央まつりホームページ

※当イベントに関するお問い合わせは、直接主催者(江東区民まつり中央実行委員会)へお願いいたします。

深川エリアのイベントを告知しませんか?

深川エリアで開催されるイベント情報を「深川くらし」に掲載したい方は下記からお気軽にお問合せください!
簡単な審査後、無料で掲載いたします。

お問い合わせ

The …

続きを読む

リニューアルオープン!深川江戸資料館|清澄白河

8月1日リニューアルオープン!

深川江戸資料館は、およそ9ヶ月の休館を終え、ついに2022年8月1日リニューアルオープンしました!
リニューアル前に代表の柴田が行った時の記事はこちらから。
今回は深川江戸資料館初体験のスタッフが潜入!

さっそく入口近くのカウンターでチケットを購入!

入館料は個人で大人(高校生を含む)400円、小中学生は50円!お子様が気軽に歴史に触れられる資料館です。

チケットは歌川広重が描いた有名な浮世絵「大はしあたけの夕立」
大橋とは現在の隅田川に掛かる新大橋のこと。姿は変わっても残り続けているのはすごいですね…。

いざ、展示室へ!

展示スペース入口には江戸の歴史がずらり!

江戸の町を写した屏風や当時から歌われていた子守唄の話、みんな一度は歴史の授業で耳にする寺子屋での生活などを知ることができます。

江戸の歴史をまとめた展示を抜けると、目のまえには古き良き江戸の街並みが。
照明に合わせて音楽が鳴り、時には雷雨になることも…!

階段を降りるとスタッフの方に話しかけられ、「今、降りてきた階段何に見立ててると思う?」と。
江東区歴の浅い私はなんとなーくで永代橋?と答えるとまさかのビンゴ!
ここの街の風景は永代橋を降りてすぐ、現在でいう佐賀の地域を再現したものなんだそう。

当時のお家やお店が再現されています。
コンパクトですがすっきりと空間を生かした間取りになっています。土間や吊るしでうまく収納されていますね…。
物が少なめなのも特徴的。物を持ちすぎない生活も便利そう。
4枚目の土間には子供用の草履も!ちっちゃくてかわいい!

こちらは食べ物屋さん。いまでは信じられませんが、小さな店構えで天ぷらや稲荷が売っています。
3枚目の蕎麦屋さんは屋台ごと担ぐスタイル!

こちらは共同のごみ箱。ゴミ箱と言ってもこの時代のゴミは貝殻や割れた茶碗などのせともののみ!生ごみなどは肥料などに再利用して使っていた為、ほとんどゴミは出ないそう。
出されたゴミは海岸に運ばれ埋立地に。ここ江東区は埋立地が多い地域でもあります。

昨今は「SDGs(持続可能な開発目標)」を目指した生活スタイルの方も多いですが、この時代はもとより基本的には物をすてない生活をしていたのですね…。
今は欲しいものが何でも手に入る時代。物を持ちすぎず身軽に生活していた江戸時代を振り返ってみるのも面白いかも。

その後も江戸にまつわる様々な歴史をお話していただきました!勉強になる面白い話ばかりなのでぜひ

施設情報< 深川江戸資料館>

住所:東京都江東区白河1-3-28
アクセス:都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅 徒歩3分
営業時間:展示室 9:30~17:00(入館は16:30まで)
小劇場・レクホール 9:00~22:00
定休日:第2・4月曜日(ただし祝日の場合は開館) 年末年始(12/29~1/3)…

続きを読む

週刊フカフォト Vol.14

週刊フカフォトとは?

Instagramで深川の写真を投稿しているフカフォトさんの写真を、1ヶ月ごとのテーマに沿って紹介していくコーナーです。

9月のテーマ:深川のたぬき
今週の1枚はこちら!

割りばしの横からちらりと覗くたぬき…

▼フカフォトとは?こちらから↓

▼フカフォトさんのInstagramはこちらから↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

フカフォト(@fuka_photo)がシェアした投稿


強そうなにゃんこ。地域のボス?

The post 週刊フカフォト Vol.14 first appeared on 深川くらし.…

続きを読む

週刊フカフォト Vol.8

週刊フカフォトとは?

Instagramで深川の写真を投稿しているフカフォトさんの写真を、1ヶ月ごとのテーマに沿って紹介していくコーナーです。

6月のテーマ:有名どころから穴場まで!『門前仲町の居酒屋』です。
今週の1枚はこちら!

筆者も大好き!門前仲町の「葉〆」さんです。
新鮮な鳥を提供する鳥割烹さんで、焼き鳥だけでなく鳥刺しや鳥レバーも絶品です!
基本的にはコースでのご提供で「焼き鳥堪能コース」「葉〆おまかせコース」「鍋コース(水炊き、鶏すき、鴨の土鍋焼きなど)」の3種類。

写真は焼き鳥のコース。
こちらの葉〆さん、料理の味やお酒はもちろんなのですが、ソフトドリンクもこだわりがあり、お茶もしっかり淹れたものを提供してくださるのです!お酒を飲めない方にとっても嬉しい!

ランチ営業も不定期でしているみたいなので下記SNSをチェック!

〈店舗情報〉
店舗名:葉〆
住所:東京都江東区富岡1-1-8

営業時間・ご予約等は下記SNSを参照ください。
Twitter

▼フカフォトとは?こちらから↓

▼フカフォトさんのInstagramはこちらから↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

フカフォト(@fuka_photo)がシェアした投稿

The post 週刊フカフォト Vol.8 first appeared on 深川くらし.…

続きを読む

週刊フカフォト Vol.6

週刊フカフォトとは?

Instagramで深川の写真を投稿しているフカフォトさんの写真を、1ヶ月ごとのテーマに沿って紹介していくコーナーです。

6月のテーマ:有名どころから穴場まで!『門前仲町の居酒屋』です。
今週の1枚はこちら!

いつ通りがかっても満員!?ささ谷口屋さんです!
新鮮なモツ煮込みと葡萄割りが名物。

ちなみに筆者はまだ伺ったことが無い(一度チャレンジしましたが大人気で入れず)ので行きたいお店リストにメモしてます。モツはもちろん、くたくたなキャベツも串焼きもおいしそう~~~よだれがとまらない……

〈店舗情報〉
店舗名:ささ谷口屋
住所:東京都江東区富岡1丁目26-1

営業時間等は下記SNSを参照ください。
Instagram

▼フカフォトとは?こちらから↓

The post 週刊フカフォト Vol.6 first appeared on 深川くらし.…

続きを読む

「リフォーム不動産」ってどんなお店?深川エリアの物件探しに特化している理由など気になるポイントをスタッフに聞いてみた

「不動産屋」と聞いて、どんなイメージをしますか?「お店に入るのにドキドキする」 「相談するのに勇気がいるなぁ」こんなふうに思われる方も、いらっしゃるのではないでしょうか。この記事を書いている私も、不動産屋に対してハードルが高いイメージを持っていました。

ところが、そんな想像を覆すお店が、人情のまち・東京深川にあるのです。東東京エリアを中心に、物件探しとリフォームをお手伝いする「リフォーム不動産深川studio」。このWebメディア「深川くらし」を運営している会社でもあります。

▼「リフォーム不動産深川studio」公式ホームページ
https://reform.trustory.jp/

▼「深川くらし」公式ホームページ
https://f-kurashi.tokyo/ 

「深川くらし」では、これまでに「リフォーム不動産」で物件を購入されたり、リノベーションされたお客様のインタビュー記事を掲載してきました。

ちょっと信じられないかもしれませんが、お客様へ「リフォーム不動産はどんな不動産屋?」と尋ねてみると、口をそろえて「とてもアットホーム!」「とにかく親しみやすい!」「安心できる!」と返ってくるのです。あまりにも同じ答えが返ってくるので、え〜? お世辞じゃないの? なんて疑うわけです。

実際のところ、どんなお店なんでしょうか。

そんなわけで今回は、口コミサイトではわからない「リフォーム不動産」の本当のトコロに迫るべく、スタッフの方々へ取材をすることにしました。清澄白河をはじめとする深川エリアでの物件購入をご検討中の方、深川エリアにお住まいで、不動産屋選びに迷っていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

リフォーム不動産って、どんな場所にあるの?

 

清澄白河駅から徒歩10分、門前仲まち駅から徒歩8分の場所に位置する「リフォーム不動産 深川studio」(清澄白河駅からのアクセス ※Google Map はこちら)。

photo:お店は「鬼平犯科帳」にも登場する仙台堀川のすぐそば。毎年3月末には沿道の桜が見頃を迎えます

 

「リフォーム不動産」から徒歩1分のところには、言わずと知れた「ブルーボトルコーヒー」の日本第一号店や、出汁の旨味がクセになるラーメンの名店「こうかいぼう」があります。ちょっと足をのばせば、隅田川や木場公園、清澄庭園、富岡八幡宮などにも立ち寄れる、深川散策の中間地点にあたる好立地です。

 

お店は、いい意味で「ゆるい空間」

 

昔ながらの地元密着型の不動産屋といえば、中が見えない事務所のような店構えでなかなか入りづらかったり、大手のリフォーム会社は、スタジオのように整備されたショールームでの商談に緊張したり…。その点、「リフォーム不動産」はどちらのイメージとも違った、いい意味で「ゆるい」空間で、ホッと一息つくことができます。

 

photo:リビングのようなスペースに、ゆったりとしたソファ、カウンター、壁にかけられたアート作品に、畳のスペース… 初めて不動産屋で相談をされる方も、おひとり様も、お子様連れも、みんなが安心できる空間です!

 

ちょっとしたことでも気軽に相談できるスタッフ

 

お店の雰囲気はもちろん、スタッフの方々もとてもフレンドリーなのが、リフォーム不動産の特徴。取材当日、入り口を開けると、社長の柴田さんとスタッフの草薙さんが出迎えてくれました。おふたりともカジュアルな出立ちで、いつもほんわかと優しい笑顔で挨拶してくれます。人見知りの私も、このおふたりなら安心して相談できるなぁと、しみじみ思います。

photo:草薙さんは私服姿(ネイルもかわいい!)で、一気に親近感が湧きます

スタッフの草薙さんは、最近「リフォーム不動産深川studio」を運営する株式会社トラストリーに入社されたんだそう。元々はアパレル関係のお仕事をされていたということもあり、お話しすると、マスク越しでも明るい笑顔が伝わってきます。

「深川の好きなところはやっぱり『人』ですね!

続きを読む

アロハ~!マハロ~!が飛び交うハワイ空間<オルポノカフェ>|門前仲町

まるでハワイ!ゆったりとした時間の流れるオルポノカフェ。

門前仲町駅4番出口から徒歩1分にあるオルポノカフェ。オルポノとはハワイ語の 「心地よい」という意味のoluoluと「本来あるべき状態」や「調和のとれた状態」を意味するponoを合わせた造語だそう。
12月1日オープンからわずか4ヵ月ほどにもかかわらず、すでに常連さんと談笑しているシーンをお見掛けするほどあたたかい空間の店内です。

お店のおすすめは看板メニューのホットドック!なんと常時12種類もあり、季節で変わる限定メニューもあります。
さらにコーヒーもこだわりのもので、オリジナルブレンドが3種類こちらは新潟の焙煎所にお願いしてこだわりの焙煎をしたものをご提供。もちろんハワイの粉コーヒーやフレーバーコーヒーもあります!

 

今回の取材では、チリチーズドッグとフィッシュ&チップを頂きました!
ホットドッグはボリュームたっぷりでかわいいスマイル付き☻フィッシュ&チップは揚げたて!とても美味しかったです!

そんなオルポノカフェをオープンすることになったきっかけやお店のこだわりなどをオーナーの青木さんにお伺いしました。

癒しの場所をつくりたいという思い

店名にも込められているように、気分転換の場所、癒しの場所になるようなお店がつくりたい!という思いでお店をオープンしたという青木さん。
ハワイ好きになったのは娘さんのママ友にリボンレイつくりをすすめられたことがきっかけ。
そこからハワイのカルチャーや実際にハワイに行った時の体験に感動し、どんどんはまっていったそう。

辛いことがあってもハワイに助けられ、自分もこんな気分転換が出来る空間、自分らしくいられる場所をつくりたいという思いでオルポノカフェをオープン!

▲お店にも手作りのリボンレイが!お店のトレードマークにはダイアモンドヘッドやサンセット、美しい海!ハワイ要素がギュッと詰まっておりとても素敵です。

また、青木さんはお店を始める前にジュエリー講師もしていたそう!そのため店内には手作りのアクセサリーも販売されてます◎
それ以外にもハワイの雑貨やウクレレも!カフェ以外にもお買い物が楽しめる空間です♪

▲左:青木さんのご友人が作っている雑貨。なんと全て手書きだそう!  右:ハワイの雑貨などなど。ウクレレを弾くお客様もいらっしゃるみたいです!

実はお酒もご用意してます!ハワイやタヒチのクラフトビールはもちろん、なんと韓国のビールもあります!
さらに朝8時から開店しているのでモーニング利用も最適です◎モーニングではホットドッグセットやハワイの定番スイーツ、マラサダセットをご提供!

青木さんのこだわりや思いの詰まったオルポノカフェ。ハワイ気分を味わいにぜひ足を運んでみては?

< オルポノ カフェ>店舗概要

住所:東京都江東区門前仲町1丁目2-4 sakuraビル1階
アクセス:東京メトロ東西線「門前仲町駅」(出入り口4)徒歩1分
JR京葉線「越中島駅」(出入口1)徒歩6分
営業時間:8:00~20:00
定休日:不定休
※営業時間・定休日などの最新情報は下記SNSをご参照ください。
Instagram
ホームページ

 

The …

続きを読む

価格高騰が続く中古マンション市況の現状を解説します!

コロナ禍において、首都圏の中古マンション価格の高騰・在庫物件数の減少が顕著な傾向となっています。

お客さまから「購入できる価格帯の物件が無い!」といった声をよく耳にしますが、中古マンション購入の選択肢が狭まっているため、検討期間が長期化し、場合によっては断念されてしまうケースや当初希望されていたエリアから離れた場所でお探しするケースもあります。

そこで今回は、首都圏の中古マンション市況についてデータをご紹介しつつ、価格高騰が続くコロナ禍の中古マンション購入について考えてみたいと思います。

■在庫物件数/平米単価の直近10年間の推移

まず初めに、首都圏中古マンション市場における在庫件数の推移と平米単価について見ていきたいと思います。

以下のグラフは、それぞれ2010年以降の「首都圏中古マンション在庫件数(グラフ左)」と「首都圏中古マンション在庫㎡単価(グラフ右)」の推移をまとめたものです。

引用:(公財)東日本不動産流通機構

中古マンションの在庫件数を見ると、ここ5年間の在庫物件数が減少傾向にあることが分かります。

特にコロナ禍においては減少幅が大きくなっていますが、2021年4月以降は底を打ち、若干ではありますが増加傾向にあります。

中古マンションの在庫物件の平米単価は、ここ5年間で緩やかに上昇していましたが、こちらもコロナ禍をきっかけに急激な上昇に転じました。

■在庫物件の築古化

次に、直近3年間の在庫物件数とその平均築年数の推移を見てみましょう。

以下の表は、首都圏の中古マンション市場の在庫物件数と在庫物件の平均築年数を表にまとめたものです。

首都圏中古マンションの在庫物件数とその平均築年数(2021年は10月までの実績)引用:(公財)東日本不動産流通機構のデータを元に筆者作成

在庫物件が減少していることは前述の通りですが、具体的に各年の数字を見ると、2021年は特に減少幅が大きいことが分かります。前年比で23%の減少となりました。

その一方で、築年数は毎年ほぼ同じペースで築古化が進んでおり、中古マンションの購入を検討されている皆さんにとっては年々選択肢が狭まっている状況にあると言えるでしょう。

ちなみに、選択肢が狭まっているのは中古マンションだけでなく新築マンションも同様です。

建築コストの高騰や土地の仕入れが年々難しくなっていることもあり、新築マンション価格が高騰していることはすでにご存知の通りです。

これは新築マンションだけの問題ではなく、新築と中古を並行検討している方も一定数いるため、マンションの需給がアンバランスになると中古マンション市場の価格や物件数にも影響を及ぼします。

■築古物件の人気の高まり

では最後に、成約数と築年数の関係について見てみましょう。

以下の表は、首都圏中古マンションの2021年第三四半期(7月〜9月)の成約数を物件の築年数別に見たものです。

首都圏中古マンションの築年帯別成約数(2021年7月〜9月)引用:(公財)東日本不動産流通機構「REINS TOPIC:首都圏中古マンション・中古戸建住宅地域別・築年帯別成約状況」

ほとんどの築年帯で前年同期比マイナスとなっていますが、築30年以上だけ前年比プラスとなっています。

在庫物件数の減少・築古化が進み、価格の高騰が追い打ちをかける中で、多くの中古マンション検討者が築年数の幅を広げて物件を検討したことが増えた結果と言えるでしょう。

■まとめ

ここまで、首都圏中古マンション市場を取り巻く環境について見てきました。

首都圏の中古マンションの価格高騰・在庫減少の実態がお分かりいただけたかと思います。

その一方で、都心に所在する物件は価格や築年数に限らずすぐに買い手がつきますし、場合によっては市場に情報が出ないことも少なくありません。

希望する物件に出会うためには、アンテナを張り巡らせ情報収集をこまめに行っておくことが重要です。ご自身での情報収集に加えて、不動産会社の情報力も活用して、納得の住まい探しを行うようにしましょう。

当社は、大手町・丸の内エリアにも至近な東京都江東区深川エリアを主要な商圏に、地域に密着した地元密着の『深川くらし相談所』として事業を展開しています。

まずは、住まいに関するお客様の不安や悩み、住まい探しを通じて実現したい夢や理想などをお聞かせ下さい。その上で、当社目線ではなく、お客目線で最適なご提案をさせていただきます。

セミナー・相談会

続きを読む