新規OPEN!!個室型シェアオフィス< NAGAYA清澄白河駅前 >|三好1丁目

東京下町・深川らしい、まちの人たちと繋がれるシェアオフィスの第2弾

今や全国いたるところにあるシェアオフィスですが、深川のエリアにもここ数年でいくつか増えてきました。

そして誰もが予想しなかったコロナの影響により私たちの働く環境も大きく変わってきました。

近年、様々なオフィスのあり方が大きな注目を集めいる中、働き方を変え、より効率的に業務を行える環境を目指し、様々な企業が導入を始めています。

そもそもシェアオフィスとは、常駐する必要はないけれども、落ち着いて仕事ができるスペースが欲しい、といった要望をお持ちの方に向けたオフィスサービスです。

フリーランスの方やこれから起業しようと思っている方。
はたまた外回りの営業途中でワークスペースを探している方など、気軽に入れるカフェだと長時間利用するのは気が引けてしまったりしますよね。
また簡単に打ち合わせをしたい時なども周囲の席にいる方の声や目線が気になるといったこともあります。

今やパソコン一つでいろんな仕事が出来る時代。シェアオフィスであれば好きな時に気軽に利用でき、コピー機やWi-Fiも完備していて、比較的安価に入居できるとあって、利用者も急増しています。

とはいえ、それぞれのシェアオフィスが特徴を出していかないと利便性の良い、おしゃれな大手シェアオフィスに流れて行ってしまいます。

2018年9月OPENした「NAGAYA清澄白河」に続き、2021年9月に清澄白河にOPENするシェアオフィス「NAGAYA清澄白河駅前」は、深川のまちで暮らす人や出店している人たちが出資する法人が運営母体となっており、入居者との繋がりを大切にしたコンセプトのシェアオフィスの第2弾となっていますので、今回ご紹介したいと思います。

シェアオフィス「NAGAYA清澄白河駅前」の場所とは

場所は、東京メトロ半蔵門線と都営大江戸線の清澄白河駅から清澄通りを門前仲町方面に歩いてすぐ。
1階にコンビニエンスストア(ローソン)が入居するビルの2階のフロアです。

オフィスの目の前には都内の憩いの場の一つである清澄庭園があったり、店舗と住居を兼ねた歴史的な建造物の清澄長屋があったりする、人気のエリアとなっています。

最近では続々とおしゃれなカフェや個性的なパン屋さんなど、新しいお店の出店が絶えず魅力的なエリアですよね。
駅前の利便性はもちろんのこと、近くに一息出来る環境が揃っていることも仕事する上では大事なポイントだと思います。

こんな魅力的な街でスタートアップしてみてはいかがですか?

ここが違う!「NAGAYA清澄白河駅前」の特徴とは

そして最大の特徴が、このシェアオフィスのキャッチフレーズからも見て取れます。

そのキャッチフレーズとは、

「まちとはたらく、まちとつながる、まちとはばたく Life&Work Base」

入居者同士の交流があるのはシェアオフィスの特徴の一つですが、「まちとつながる」というのはなかなか無いフレーズですよね。

実際にこのシェアフィスの運営事業者である合同会社カツギテは、地元で起業する人や住人など、ここ数年で繋がった人たちで設立した会社で、ガラス加工業、デザイン会社、不動産会社、印刷会社、理化学会社、旅行業、飲食店のオーナーなど様々で、その誰もが深川とそこに関わる人が好きな人たちで結成されました。

深川はもともと、お神輿の会やいろんな街おこしのイベントなどが活発で、横のつながりが深い地域なのですが、まちとのつながりをコンセプトにしたシェアオフィスは珍しいですよね。

NAGAYA清澄白河駅前は、個室タイプを中心にミーティングループやリモートルーム、オープンスペースを兼ね備えた多様性のあるフロアとなっています。

新規OPNEキャンペーンとしてフリーレントも

これから起業する人や起業したい人。深川エリアに引越してきて間もない人にとって、地域に住んでいる人や起業している先輩たちと繋がれるのは心強いし、いろんな気づきや刺激をもらえると思います。

今ならOPENキャンペーンとして、フリーレント(1~2か月)も対応していますので、この機会にご検討されてみてはいかがですか?

9月初旬のOPENに向けて内覧予約受付中ですので、興味のある方は下記までお気軽にお問い合わせしてみてください。

【NAGAYA清澄白河駅前】概要

住所:東京都江東区三好1-8-3 …

続きを読む

オーナー選りすぐりの本と、食と、珈琲と。< books&cafe ドレッドノート >|平野

店内はマニアックな書籍や模型が並ぶ居心地の良い空間

清澄白河駅から徒歩10分ほどの場所に、2019年11月にOPENした「books&cafe ドレッドノート」さん。
店名のドレッドノート(英語: HMS Dreadnought)とは、イギリス海軍の戦艦の名前。
ロゴマークにもさりげなく戦艦が描かれていますね。

ブックカフェだけあって、本棚にぎっしりと並んでいるハードブック系の書籍は、戦争・軍事ものから、近現代史、UFOやUMA、オカルト系までとなかなかのマニアックぶり。置いてある本はお買い求めすることも可能です。

ここにある書籍は完全にオーナーの趣味ですので、これらの分野に興味がある方は、ぜひオーナーの鈴木さんに気軽にお声がけしてみてください。ご要望があれば本のお取り寄せやご注文も承っているそうですよ。

店内はフリーWi-Fiで各席に電源が完備されており、軽食やスイーツ、ドリンクメニューも豊富ですので、美味しいお食事や淹れたての珈琲を楽しみながら寛ぎに来られる方も多く、特に休日などは遠方から来られる方も多いそうです。

不定期ではありますが、店内でさまざまなイベントを行っていることもあるようですので、お店のtwitterをチェックしてみてください!

※写真提供:フカフォト
Instagram Facebook

< books&cafe ドレッドノート >店舗概要

住所:東京都江東区平野2-3-21
アクセス:東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅B2出口より徒歩8分
営業時間:(平日)11:30~19:30
(土・日・祝)10:00~19:30
定休日:原則無休
電話: 03-5809-9008
ホームページ : https://www.dread-nought.com/
※最新の情報は下記SNSをご参照ください。
⇒ twitter
Instagram

メニューも豊富。淹れたての本格珈琲からこだわりの軽飲食まで

 

珈琲以外のドリンクも豊富。目の前にコンセントがあるのも憂いしいですね♪

※写真提供:フカフォト…

続きを読む

気軽に相談できる下町の調剤薬局< おもいで薬局 >|江東区高橋

来局された皆様の「おもいで」に残る薬局作りを目指して

2021年2月に清澄白河駅と森下駅との間、江東区高橋の清澄通り沿いにOPENした調剤薬局。
これより先の2020年10月に江東区三好にOPENした「おとどけ薬局」の姉妹店となります。
こちらの「おもいで薬局」は店頭での受け渡しが中心の調剤薬局となります。

店内は、おもいで作りのためにアートや写真が展示されており、地域の皆様と交流できる機会を作っていきたいという女性オーナーの想いが感じられます。
明るい色使いが特徴的で元気を与えてもらえそうな空間ですね。
※展示作品は定期的に変更されるようです。
女性スタッフが活躍する薬局で、お薬のことから健康のことなど、なんでもお気軽にご相談してみてください。

< おもいで薬局 >店舗概要

住所:東京都江東区高橋13番1号 山本ビル101
アクセス:東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線
「清澄白河」駅A2出口より徒歩4分
都営大江戸線、都営新宿線
「森下」駅A6出口より徒歩4分
営業時間:月~金曜日 8:45~12:45,15:00~19:00
※木曜、土曜日 8:45~12:45
TEL:03-6659-2279
定休日:日曜、祝日

おまけのお話

こちらの店舗内装工事も1号店の「おとどけ薬局」同様、リフォーム不動産深川studioでお手伝いさせていただきました。
印象的でかわいらしいロゴマークは、オーナーご夫婦のお知り合いのマルヤマトモミさんに作っていただいたもの。
店頭の看板やショップカードなどは、地域の人の繋がりで地元のデザイナーにお願いして作ったものなんだそうです。
下町の深川らしく、地元の人同士の繋がりがどんどん広がっているようですね。
女性スタッフ中心のお店らしく、パステルカラーの可愛らしい内装と看板デザインに仕上がっていますね。

The post 気軽に相談できる下町の調剤薬局< おもいで薬局 >|江東区高橋

続きを読む