豊かな暮らしをデザインする。「くらしかた創造企業」リフォーム不動産

FLOW

FLOW

物件探しから購入⇒お引渡しまでの流れ

不動産購入に向けた「はじめの一歩」は、物件を探す前にまずはご相談から。
私たちもいきなり物件をすすめることはありません。お客様のお話をじっくりとお聞きしながら本当に購入すべきかも含めて、お客様にとって最適なアドバイスをさせていただきます。

01.お問い合わせ / 個別相談会・セミナーへの参加

相談の方法は、お電話やご来店に加えて、オンラインでのご相談も可能です。
定期的に個別相談会や各種セミナーも開催していますので、お気軽にご参加ください。

02.詳細なヒアリング(ご要望によりFPによる無料相談)

住宅の購入にはさまざまな不安がつきものです。
高額な不動産を扱うものとして、お客様の住宅に対する想いや将来についての考え方をゆっくりと伺います。
購入は住宅ローンを利用される方がほとんどです。いくら借りれるのかを知ることも大事ですが、一番大事なのは無理なく返せるのはいくらか。
ご要望があればお金のプロであるファイナンシャルプランナーを交えて、将来的にかかる具体的な予測の数字を落とし込み、現実的な住宅購入に向けた計画を探ります。
結果的にそれが、破綻リスクの少ない納得度の高い家探しにつながり無駄な時間を少なくします。

03.物件探し〜ご内覧

ご予算や物件探しの優先順位がある程度定まったら、お客様のご条件に見合った物件を一緒にお探しし、実際に現地を見に行きます。
管理の状況やエントランスの雰囲気など、資産価値の下がりにくいポイントをおさえながら街の情報にも精通したスタッフが総合的にアドバイスいたします。
ハザードマップやマンションの管理状況報告書、長期修繕計画書なども取り寄せながら、時には物件をお薦めしないケースもあります。

04.リフォーム打ち合わせ / 資金計画

リフォームが必要な場合には、まずは大まかなご要望をお聞きしながら概算の見積金額をご提示します。リフォーム代も住宅ローンに含められますので、余裕を持った借入金額で住宅ローンの事前審査を行います。住宅ローンご利用の方は、いくつかの金融機関に審査を通してみて、金利や条件面の比較を行うことも可能です。優良物件は動きが速いので、ワンストップ企業としてここまでをスピーディーに行います。

05.物件の決定

物件が決まったら購入申込書にご記入いただき、契約に向けての条件交渉を行ないます。同時に、安心な取引を行なうために物件の詳細な調査作業に入ります。
ハザードマップや管理状況調査報告書、長期修繕計画書などをご覧いただきながら事前にリスク説明も行います。

06.売買契約・ローンの本申し込み

物件の詳細な重要事項説明を行なったのち、お客様に十分ご納得いただいた上で、売買契約書に調印していただきます。(手付金等のお支払いがございます)
住宅ローンを借りる方は、併せてローンの本申し込みの準備を進めていきます。複数の金融機関からお選びいただくことも可能です。

07.リフォームプランの決定

決められたご予算の中で、購入物件にあわせた細かな仕様やデザイン、施工ヶ所などをお打ち合わせし、リフォームの内容を決定します。 引き渡した後の家具やインテリアのご予算にも配慮しながら取捨選択を行い、お客様にとって満足度の高いリフォーム提案を心がけています。

08.物件のお引渡し

購入物件の決済(残代金のお支払い)を行うのと同時に鍵のお引渡しを行います。
リフォーム工事が必要な方は、鍵のお引渡し後に工事着手可能となりますので、引き渡しの前までにリフォームプランを決定し、マンションの場合には管理組合に工事申請を行っておきます。

09.リフォーム工事~完成

工程表に合わせてリフォーム工事を行います。工事内容にもよりますがスケルトンリノベーション工事の場合には完成まで3か月前後を要する場合があります。
基本はすべてお任せいただく部分ですが、工事期間中は現場に足を運び職人さんとコミュニケーションを取ることも大事です。

10.アフターフォロー

お引っ越し後は、今まで以上の快適な生活が待っています。
私たちとのお付き合いは取引終了して終わりではありません!
リフォーム工事のアフターサービスはもちろんのこと、地元密着企業として末永いお手伝いをさせて頂きます。くらしに関わる全般のご相談に応じていますので、いつでもお気軽にご相談下さい。