WORK

豊かな暮らしをデザインする。「くらしかた創造企業」

森下の住宅 * WORK SPACE

コロナによって通常のオフィス勤務からテレワーク中心の働き方にシフトし、自宅1階の倉庫として使用していた場所を、ワークスペースに改修するプロジェクトです。

この先も自宅で仕事する時間が長くなることを覚悟し、倉庫として利用していた場所をワークスペース兼、フリースペースとして仲間を呼んだり、レンタルスペースとしても利用できるようにしたいとのご要望。

お施主様の想いやご希望をお聞きし、今回は深川在住の建築家とコラボしてデザイン面からお打ち合わせを重ね、施工させていただきました。

特徴的なのは、室内の外気に触れる壁に外装材の金属板を利用し断熱性を高め、内装材のフレキシブルボードで仕上げ、天井を抜いて空間を広く見えるようにしています。また正面入り口の開口部を広げ、造作による木製のガラス戸を配置し、無垢材の温もりと優雅さを演出しています。
今までは単なる荷物を置くスペースだった冷たい空間が、仲間たちも呼ぶことのできる多目的な空間へと生まれ変わりました。

施主様が書いたnoteの記事「ただの会社員が、個人オフィスを構えてみる:場所を持つということ」を読む

design:ryo kamamatsu
produce:fukagawa_studio
location:morishita
completion:2020.12